初荷とかの行事がすこしずつ減っているのが寂しいと思う。

新春

 新年の時期には、初仕事の初荷とか行事があれこれとある。しかし、これら行事がすこしずつ減っているのが寂しいと思う。
 仕事始めには、商売人は景気よく賑やかに、初荷は初荷らしく車や商品に縁起のいい飾り付けて送り出していたのを、街角でよく目にしたものだった。
 各職場の初仕事には女性たちは、頭は日本髷で振り袖の着物を身につけ出勤していた。 このような風景が街中でもみられなくなつたのが最近だろう。
 初仕事には職場で酒を振り舞い景気つけをしていた時期もあったが、飲酒運転を防ぐことからも、この習慣は早くなくなった。
 テレビなんかの報道では、財界のお偉いさん方は年賀のご礼会とかを開き、お互いに新年のあいさつを交わしている場面をよく目にする。

新年会

 

 ここでは今年の景気予想とか経済の動向が話題として取り上げられているので、正月風景のひとつになっているだろう。
 各職場や交友関係、自治会などでもそれぞれに集まり新年会が開かれている。新年には、会場になる飲食店や宴会場は、予約が入ったりして結構忙しいらしい。
 新年会のお土産にネットサイトで購入したお正月に似合ったお菓子をプレゼントすることもお忘れなくご用意くださいね。