おせち料理やお雑煮への思い

おせち料理

  新年を迎え、清々しい気分で食卓前に座ります。
 何回も正月を経験しても、この清々しさはいつになっても変わらないようです。
 おせち料理は、黒豆、ごまめ、クワイなど伝統的な食品は、和食なので、美味しくてとても好きです。
 それに、おせち料理はカロリーが少ないのが、とてもヘルシーなことが嬉しい。
 おせち料理をゆっくりと味わう。
 これで終わっては足らないものがある。まだ何が足らないかと言えば、しっかりとお雑煮をいただきたいものです。
 関西に住んでおれば白味噌のお雑煮がつくられる場合が多いですが、もちろん、全国ではお雑煮のつくり方は地方、地域により異なり、また、家庭により違っています。
 中に入れる具には、里芋、薄揚げ、人参が入り、お雑煮の中の主役と言えば・・・、それはお餅があり、それを欠かせないのは、もちろんです。
 主役の餅は、あまり炊きすぎて柔らかくなりすぎても駄目だし、硬いのも味わいが良くないので、その焚き加減がむつかしい。
 お正月に楽しみな、お雑煮に入れる美味しいお餅を探してみるのもおもしろいものです。

 

お雑煮

 おせち料理は漢字で書くと御節料理と書き、まさしく季節の料理。
 おせちに入っている里芋にしろごまめにしろ、何故おせちにはいつているのに理由があります。
 里芋の歴史は大変に古くて遥か太古にさかのぼる。日本列島に南洋諸島から日本人の先祖が、島の食べ物のタロ芋を丸木舟に乗って運んできたという話しがあります。
 タロ芋が日本では里芋になって歴史を正月に思う出すためにおせち料理の一つにしたとの話しには、太古のロマンを感じる。
 ごまめは、特に関西地方で発達したカタクチイワシの子を煮て味付けしたもので、カタクチイワシは大阪の近海で豊富に獲れます。
 庶民的な食材だがカルシウムなど栄養は満点で申し分なし。
 これを元旦に食べて一年、一生懸命にまめに元気に働き暮らそうとの願いが入っているそうです。
 正月のおせち料理にもあれこれと意味があり歴史があることがわかると興味がわいてきます。

 

おせち料理