本文へスキップ

新年 お正月

新しい年の初め、お正月新しい年の初め、お正月

新しい年の初め、お正月とは

元旦

 12月31日の晩に寝て、一晩明けるとお正月になっています。
 平素となんら変わらないのですが、周りの環境のせいかよくわからないですが、不思議と新鮮な気持ちになってきます。

 もともとは、お正月は、新しい年の初めに、年神様を迎え、昨年の豊作を感謝し、新年の豊穣を願うためのものです。

鏡餅 お屠蘇

 元旦に、玄関の門松で年神様を迎え、井戸からの若水を年神様に供え、鏡餅の飾られた部屋で家族揃ってお屠蘇を酌み交わし、おせち料理を食べて祝う習慣です。

 大晦日までに、家中のすす払い、大掃除をします。又、床の間や大事な物の上に鏡餅を飾り、玄関にはしめ飾りや門松をたてます。
 新しい下着や服なども用意をし、元旦を迎えます。
 元旦には家族が全員そろい、お屠蘇で祝った後、おせち料理やお雑煮を頂きます。昼ごろまでおせちを肴にお酒を飲みゆっくりとします。
 昼からは近くの氏神様や神社に初詣に行きます。初詣には、除夜の鐘をきいた後、夜中に出かける人も多いようです。
 二日には、ご近所の方が来られたり、逆にこちらから新年の挨拶回りに出かけたりします。三日は何もなければゆっくりと過ごすようです。

お正月の遊び

 その間子供たちは、表で凧揚げ、コマ回し、羽根つきや、家の中ではカルタ取りなどをして遊びました。

おせち料理とお雑煮

 しかしながら、今の子供たちは、打って変わって、外での遊びはせず、家の中で相変わらずコンピューターゲームなどをしているようです。

 日本の歴は、もとは中国からの太陰暦を使用し、江戸時代に修正された旧暦となり、その後、明治政府は、広く世界で使われている太陽暦(グレゴリオ暦)を新暦として1873年1月1日から採用しました。
 新暦は旧暦よりも1か月早くやってくるくるようになったので、いろいろな行事で季節感のずれを感じることもよくあります。現代の8月15日のお盆はそのまま旧暦をで行っており、関東などの一部では新暦で7月15日に行っているところもあります。
 かつては、旧正月、大正月小正月があり、今とは違う日に正月の祝いを行っていました。

 お正月は、「新しい希望と決意を持って新しい年のはじめを祝う日」として、1948年に、1月1日を国民の祝日に国が制定しています。

 新しい年の初め、お正月関連ページ

正月の行事・慣習のいろいろ
いろいろな語句の説明